ビルクリーニングはビル管理に必須なのか?

ビル

ビルクリーニングとは、ビル内の衛生環境を快適な状態に保つための仕事のことです。
不特定多数の人が利用する建築物では毎日汚れが蓄積していき、それらを放置しておくと環境がどんどん悪化していってしまいます。
そうなるとそこで生活をしている人はもちろん、商業施設や医者なら外部から訪れる人も合わせて、不愉快な気持ちになるだけではなく、病気や感染症といったリスクも高まってしまうので危険です。
こういった問題を事前に防ぐためにビルクリーニングはビル管理において、必要不可欠と考えられます。

ビルに汚れが溜まってしまうと、ただ見た目が悪いだけではなく、害虫やネズミなどが発生してしまう可能性が出てきます。
これらは伝染病の元凶となり、事前に対処することが重要です。
そのため定期的に建物内の清掃を行うことが求められて、ビルクリーニングを利用することで最適な状況に保つことができます。
築年数が古いビルほど日頃からしっかりと対処しておかないといけなく、甘く見ていると大きなトラブルになってしまうかもしれません。

ビル管理とは建物を常に安全で快適な状態に保つことが求められて、管理人は清掃状態はもちろん、設備の点検を行い、問題があればメンテナンスにも取り掛かっていきます。
ただしすべてを個人で対応することができませんので、それぞれ専門の業者に業務を委託して任せていくのが一般的です。
専門業者の選び方や監督も管理人の仕事となり、範囲を決めて対応していくことが必要になります。

ビルクリーニングはどこまで清掃するのか

ビルクリーニングの清掃範囲はビル内だけと思われがちですが、契約によっては駐車場や外壁といった部分も行っていきます。
ただし業務的には掃除だけで、点検やメンテナンスといった作業は行いません。
室内をはじめ、玄関・廊下・階段・トイレ・エレベーターやエスカレーターなどあらゆるところが作業場所といってもよく、最近は高層タイプの施設が多く建てられていますので、面積で考えるとかなりの広範囲になることが分かります。

ビルの窓清掃

最近は高所の窓清掃も行うことが増えていて、以前よりも仕事内容が増えています。
築年数や場所によって使われている建材が異なっており、大理石や硬質床、塩化ビニルなどそれぞれに適した清掃方法を選択しなければいけません。
誤ったやり方をすると傷をつけてしまうので、ただ掃除をするだけではなく、掃除道具や洗剤など正しいものを選ぶために知識も求められます。
汚れも一種類ではなく、手垢や水・ホコリ・尿石など色々なものがあり、それらを完全に取り除くことがビルクリーニングに求められているわけです。

清掃方法は乾拭きや水拭き・洗剤拭き・仕上拭きなどがあります。
使用する用具には各種洗剤やワックス・ダストモップ・ポリッシャーなどがあり、場所によって最適なものを選んで使っていきます。
清掃作業以外にも抗菌剤や防錆剤のコーティングを行うこともあり、契約によって異なるのが特徴です。
基本的にビルクリーニングの清掃は、建物を中心として敷地内全部と言えます。