ビルクリーニングのFCで独立できる

独立を目指す男性

現在はサラリーマン生活を送っている人の中でも、人に使われるのが嫌で、将来は独立開業を考えている人の割合は大きいです。
しかし飲食店などの開業は元手もかかり、開業しても客が確保できず失敗するリスクは高いです。
このため元手がほとんどかからずリスクも少ない独立にビルクリーニングがあります。

ビルクリーニングは文字通りビルの内外を清掃する業務です。
独力で開業する方法もありますが、リスクが少なく安定した収入を得たいのであればFCに加盟すると良いでしょう。
FCとはフランチャイズの略称で、ビルクリーニングには数多くのFCの会社があります。
フランチャイズの会社に加盟すると、まずはビルクリーニングの研修を受けます。
ビルクリーニングは調理の習得のように何年も修行する必要はありませんが、最低限のスキルは必要です。
短時間で見た目がキレイにクリーニングするスキルを習得できます。

次にビルクリーニング業務の経営方法についても助言を受けることができます。
フランチャイズ先から仕事の紹介を受けることもでき、客先との折衝能力や仕事をとる方法などもアドバイスしてくれます。
また開業するための事務所や清掃用具などの準備もサポートしてくれます。
これらを準備する最低限の資金は必要ですが、飲食店を開業するよりははるかに安いですし、フランチャイズ先から割安で購入することもできます。
このように開業に向けた準備を丁寧にサポートしてくれるところがフランチャイズの魅力です。

フランチャイズ経営のメリットとデメリット

先ほどはフランチャイズに加盟して開業するまでの流れを説明しましたが、当然フランチャイズにもメリットとデメリットがあります。
これらを理解した上でフランチャイズに加盟するか決めることが大切です。

まずメリットは先程紹介したような開業準備や経営のノウハウを指導してくれるところです。
ビルクリーニングの知識や技能がなく全て独力で開業するには時間と労力がかかります。
フランチャイズならば短期間で習得でき開業までの時間を最小限に抑えることができます。

次に仕事先を紹介してもらえるメリットがあります。
フランチャイズでない場合は、独力で営業活動をして仕事をとってくる必要があり大変です。
その点フランチャイズであればエリアや期間などの希望を出せば、それに合った仕事を紹介してくれます。
独自で営業活動する時もフランチャイズの会社のネームバリューがあるので仕事をとりやすいです。

逆にデメリットについては、オーナー会社へのロイヤリティを支払う必要があることです。
独力の場合は、利益は全て自分のものですが、契約で売上の一部をロイヤリティとしてオーナーへ払う義務があります。
このため利益を上げるにはロイヤリティ以上の売上をあげなければいけません。
ロイヤリティ以外にも洗浄液や作業服の購入方法など細かな取り決めを守る必要があります。

以上紹介したようなメリットとデメリットを理解するとともに、最終的にはどちらを選択してもビルクリーニング業として成功するために全力で取り組むことが大切です。