ビルメンテナンスに向いている人材とは

コミュニケーション能力の高い男性

ビルメンテナンスの仕事内容は「環境衛生管理」「設備管理」「建物・設備保全」「保安警備」などです。
仕事をするメリットは「幅広い領域で専門知識を身に付けることができる」「資格やスキルを得ておくと高齢になっても仕事を続けられる」ところです。
不特定多数が利用する建物は何もしないと不具合が起こってしまい、そうならないように最良の状態を維持し続けていきます。
それぞれの分野に分かれていて、仕事内容も異なっていますが、利用者が心地よく使えるように維持することが重要です。

ビルメンテナンス向きの人材は、柔軟性がありコミュニケーションの能力が高い性格の持ち主です。
身に付けなければいけない知識もあるので記憶力の良さや勉強が苦手でないこと、真面目で堅実に取り組むなどといった部分もありますが、これらはどの仕事でも基本的に求められます。
ビルメンテナンスは地味な裏方作業と思われることが多いですが、トラブルが発生すれば雇用先に対して説明をしなければいけなく、多くのスタッフと関わるので人が苦手といった人は不向きです。

ただビルメンテナンスは各分野によって仕事内容が異なるのが特徴で、場合によっては向き・不向きが違ってくることもありますが、人間関係が苦手だという人は適正として厳しいかもしれません。
裏方作業だからこそ、高いコミュニケーション能力を持っている人材が求められて、明るく人好きのする性格の人が重宝されるようになります。

コミュニケーション能力が高いと新規顧客の獲得も早い

ビルメンテナンスは顧客から利用されることで収益を上げて、そのため新規顧客の獲得に力を注いでいます。
求められる直接の仕事内容とはかけ離れているように思われますが、業績をアップするためには多くのビル管理を任される必要が出てきて、ちょっとしたことで取引の可能性が出てくるのが特徴です。

例えば利用者からトラブルの連絡があった時に、的確で分かりやすく丁寧に案内すれば好印象を与えますが、反対にやる気がなくいい加減な態度を取ってしまうとマイナス評価になります。
この一般客がビルのオーナーであった場合、対応したスタッフの態度次第で新規顧客の獲得につながる可能性も出てくるわけです。
そのため採用の際に適正はしっかりとチェックされますので、ビルの管理だからコミュニケーション能力は必要ないと思っていると採用されません。
ほんの少しの対応のまずさで企業として契約の打ち切りになることもあるので、裏方といっても対応力は必要となってきます。

世の中には数多くの仕事がありますが、傍目から見ただけでは実際の内容が分からないものも多いです。
ビルメンテナンスもその一つとなっていて、人と関わらない地味な仕事と思われていますが、第三者に対する説明や新規顧客の営業活動はもちろん、清掃業務などは指示や協力が必要となり、コミュニケーション能力は大切になります。
人と関わらず済む仕事ではなく、むしろ積極性が求められるので働く時は向き不向きや適正を考えることも必要です。