ビル清掃業者は実際どの範囲まで掃除してくれるのか

エアコンの清掃

ビルは定期的に掃除をする必要があり、これらは法律によってビルで働く人達の健康を維持する上でも重要な作業です。
これらの作業はビル清掃業者が請け負っていますが、ビル清掃といってもその方法や範囲は業者やまた契約によって変わってきます。

ビル清掃の基本としては日常清掃で、日頃から使用する場所の掃除やトイレなどの掃除が中心です。
一方でより高度なビル清掃としてはエアコン、カーペット、排水管、高所清掃などがあります。
特にビル内部の環境を保つ上ではエアコンやカーペット、排水管は清潔に保つことが求められます。

ビルはより密閉された空間でありエアコンによる空調で屋内に新鮮な空気が送り込まれていますが、外気を取り込むさいにはフィルターによって浄化されています。
このフィルターは定期的に掃除することが求められますし、またカーペットもホコリが溜まりやすい場所で定期的な掃除をしなければホコリがたまるだけでなくダニやノミの発生源となるので、定期的な掃除が求められるものです。
ビルでは、マンションなどとは異なり、排水管はあまり使われませんが、反対に使わないからこそ清掃する必要性があり、最低でも年2回の掃除が推奨されています。

ビル清掃の清掃範囲は日常の場合には普段から手の届く範囲が中心ですが、業者によっては高所清掃を行ってくれるところもあります。
高所清掃では普段は届かない場所の掃除を行ってくれますし、また高い場所での作業は普段から見ることができない場所から状態の確認を行ってくれるので建物の状態を把握するといった上でもメリットがあります。

会社によっては高所の照明など蛍光灯も交換してくれる

ビル清掃の清掃範囲は基本的なものは日常清掃が中心です。これらでは日頃から手の届く範囲の清掃で廊下やトイレなどの掃除が行われます。
一方で清掃業務を行っていると建物の隅々まで見ることになり、建物の異常をいち早く発見することができます。
このため清掃以外の業務を行っている業者やメンテナンスを行っている業者もあり選択肢のひとつです。

清掃以外としては、照明の蛍光灯の交換などがあります。
特に高所の照明の蛍光灯交換は簡単には行えないので道具を持っている業者に依頼した方が無難です。
また照明は定期的に交換することでより管理された印象を与えることができるので重要なことです。
ただこれら清掃以外のものを依頼するには清掃以外の技術も必要になってきますから、信頼できる業者選びが重要になってきます。

ビル清掃業者の選び方のポイントとしては、対応の良さや日常清掃や定期清掃の内容を公開しているか、またサービスが充実しているか、有資格者によるスタッフの数などです。
また料金に関しても可能な限り明確なものを提示しているところが信頼できます。

料金相場としては、1ヶ月あたり日常清掃が中心で平日清掃のみであれば22万円程度、また1週間に2回程度のプランであれば月額6万円ぐらいが相場です。
一方清掃以外の場合には、ややオプション料金となることが多く、床のワックス清掃は約2万円、エアコンの洗浄が1万5千円ぐらいです。
より専門的な作業を行う場合には1回の作業につき5万円程度は必要になってきます。
高所作業は定期清掃で契約していれば、それほど費用は必要としません。